桜田五輪相、池江選手の白血病に対し「がっかりしている」発言で大炎上!ネット「更迭だ!」

桜田五輪相「がっかりしている」

桜田五輪相「がっかりしている」で炎上

競泳の池江選手が「白血病」であることを明らかにし、各方面に衝撃を与えています。さっそく関係者からは彼女の病気を気遣う言葉や、励ましの声が寄せられていました、が、一人桜田義孝五輪相が「がっかりしている」との発言によって炎上しています。ネットからは「更迭だ!」と物々しい声が。一体何があったのか?

池江選手が白血病をツイッターで公表

池江白血病告白

池江選手が白血病と判明したのは2月12日。自身のツイッターで「ご報告」と題して一枚の画像が添付されたました。

そこには、体調が思わしくなかったので検査を受けた結果「白血病」と診断された事や、それに伴う混乱、そしてしっかりと治療をすれば完治する病気であり、今後は治療に専念するといった内容が書かれていました。

文面からは、本人はそれほどネガティブでもなく、一日でも早く、さらに強くなった自身の姿を見せられるよう、頑張っていくので温かく見守ってください、との言葉も添えられており、かなり前向きな姿勢もまた伺えました。

 関係者からのコメント

これに対し、各方面からは励ましの言葉が続々と寄せられています。(以下要略)

関係者のコメント

スポーツ庁 鈴木長官「聞いた瞬間言葉を失った…また元気な姿を」
競泳 荻野選手「僕たち(が彼女)にできることはいいニュースを届けることだと思う。」
競泳 江原選手「病気の重さがまだ分からないので何とも言えないが、早く元気になってほしい」
競泳 小関選手「なんといっていいかわからない」
競泳 今井月選手「きっと大丈夫。焦らないで頑張っていこうね。祈ってます。」

桜田五輪相炎上!

そして問題の桜田五輪相

「金メダル候補で日本が本当に期待している選手なので、がっかりしている。早く治療に専念して頑張ってもらいたい。また、元気な姿を見たい。1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している

彼の発言を見ると「がっかりしている…その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」と、彼女の病気を気遣うよりも、五輪を盛り上げなければいけないという自分の責務が先走ってしまったのか、彼女の欠場によって五輪の盛り上がりが下火にならないか、と、大臣にあるまじき発言をしていました!

個人的な感想ならまあ、まだわかりますが、大臣がこれではいけない。ネットからは「更迭だ!」といった声が聞かれ、早くも大炎上の様相を呈しています。

桜田五輪相は以前にもサイバーセキュリティ担当にもかかわらず、これまで自分はパソコンを使った事がない、といった発言をして、物議を醸しました。海外メディアでも取り上げられていましたね。そんな前科もあったのでしょう、ツイッターでは袋叩きにあっています。

一方官邸の妖怪こと、菅官房長官は

「しっかり治療して、1日も早い回復を願いたい。」

さすがです。

宇野選手のインタビュー

これに対し感心したのはフィギュアの宇野昌磨選手

「けがや病気はまわりの人が思うよりも本人がいちばん苦しんでいると思う。自分が過去に怪我をした時、ポジティブに考えようとしても難しかった。本人がいちばんつらい思いをしている中、自分が無知な状態で発言する権利はないと思う

と述べていました。インタビュワーから突然マイクを突き付けられ、とっさにこのような言葉が出るとはさすがです。

宮根も炎上

しかし炎上したのは桜田大臣だけではありません。ミヤネヤの宮根誠司氏も池江選手が白血病と知った瞬間声を失い、その後の

「我々も東京オリンピックで(池江選手の)金メダルを期待してたんですけど」「東京じゃなくても次のオリンピックを目指して治療をしてほしい」

という発言で炎上していました。病気を気遣うよりも金メダル優先という気持ちが先走ったのでしょう、これも桜田大臣同様、職務(国民の期待or気持ちを代弁)に忠実なのはいい、というか仕方がないにしても、あからさまに口に出されると、これはいただけません。

過剰な叩きに警鐘

しかし一方でこんな意見も。

どさくさに紛れて私憤を晴らす事に対する戒めとして、これは心に刻んでおきたいところです。

sponsored link